髪 脱色 手入れ

脱色した髪のお手入れ方法

みなさん、こんにちは!お元気でお過ごしですか?

 

今回は、お洒落で脱色(ブリーチ)したけど、髪のお手入れ方法が分からないという方に秘訣をお伝えしていきたいと思います。

 

脱色を自分でしたり、黒染めと交互に繰り返したり、または、縮毛矯正も一緒にしていたりすると、髪はかなり痛みが進みますよね。

 

脱色は化学薬品を髪につけて色を抜くので、大きなダメージを与えます。

 

なので、日頃からのお手入れがとても大事になります。

 

1. 日頃からお手入れしているヘアケア製品を見直そう。

 

一度、脱色で傷んだ髪は、なかなか元に戻れません。

ですので、大事なのは、これ以上、ダメージを受けないように、お手入れをすることです。

 

使っているシャンプーやリンスをアミノ酸やケラチンタンパク質を配合した製品に替えてみてください。

 

それから、シリコンやラウリル(合成界面活性剤)を使った製品は使用を避けてくださいね。

 

2. 美容院で、トリートメントをしてもらう。

 

いつも行きつけの美容院でトリートメントをしてもらうといいでしょう。

 

それと、傷んだ部分はカットしてしまうのが、一番いいので、毛先をカットしてもらって、傷んだ部分を減らしながら、トリートメントしてもらうのがいいですね。

 

3. 家でのヘアケアを丹念にする。

 

やはり、毎日のヘアケアが一番大事です。

 

ですので、シャンプー後、トリートメント剤をつけたら、蒸しタオルで包んで、10分〜15分くらい、髪に栄養分を染み込ませ、その後、洗うようにしましょう。

 

頭皮には、残らないように気を付けることが大事ですが、毛先には、少々残るくらいの感じで、すすぐのがいいですね。

 

その後は、髪をこすらないように、優しくタオルドライをして、洗い流さないトリートメントやヘアオイルを毛先を中心につけましょう。

 

ドライヤーの熱から、髪を守ることができます。

 

また、ドライヤーはマイナスイオンドライヤーを使い、根元から毛先に向けて、当てるようにしましょう。

 

これで、かなり髪の傷みが進行しないで済みます。

 

毎日のちょっとした工夫で、髪の状態が変わってきますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

それではまた、次回まで!