髪の毛 手入れ 切れ毛

切れ毛で悩んでいる方のための髪の毛のお手入れ方法

こんにちは、みなさん、お元気でお過ごしですか?

 

今回は、パーマ、縮毛矯正、カラーリングなどで、髪の毛が傷んで、切れ毛になりやすい方に髪の毛のお手入れ法をお伝えしたいと思います。

 

流行や髪のおしゃれをしたいと思ったら、やはり、パーマ、縮毛矯正、カラーリングなど、どうしてもリピートしてしまいますよね。

 

私も以前、どうしても縮毛矯正とカラーリングの両方をしたい時期があって、美容院通いをしていたのですが、その結果、髪のトーンが明るくなってきて、髪全体も傷んでしまいました。

 

両方同時にやっていたわけではないのですが、それでも髪に負担がかかります。

 

そして、枝毛、きれ毛が増えたんです。

 

でも、前から、美容師さんに言われていたんです。

 

あなたの髪質は、傷みやすいから、気を付けた方がいいって。

 

それを無視した結果ですね。

 

それからは、反省して、一人一人、みんな別の髪質を持っているのだから、流行を追いたいあまり、人と同じことをしてはいけないって自分に言い聞かせました。

 

そして、髪質改善のため、いろいろ試してみました。

 

今回はそのやり方をお伝えしますね。

 

1. つげのブラシや猪毛ヘアブラシ、ウッドヘアブラシ等、毎日使うブラシの材質にこだわる。

 

それまでは、あまり気にしたことがなかったのですが、毎日使うブラシにも気を使うことにしました。

 

その結果、頭皮へのマッサージ効果、髪全体の手触りが、柔らかくなるなど、効果が目に見えて現れました。
それと、なぜか、眼精疲労も取れました!?

 

個人的には、つげのブラシがお勧めです!

2. 髪を洗った後、ドライヤーを使うまでの間、ターバンを巻いて、髪の水分を吸収させる。

 

髪を洗った後、水分を吸収してくれる材質のターバンがあります。

 

それを巻いて、顔を洗ったり、ボディローションを付けたりして、時間を置いた後、ターバンを取って、ドライヤーをかけると、髪の水分がかなり、吸収されているので、髪にドライヤーを当てる時間がかなり短縮されて、傷みを防ぐことができました。

 

みなさんにもターバンの使用をお勧めします。

 

3. マイナスイオンドライヤーを使う。

 

半信半疑でしたが、髪にしっとりとしたツヤを引き出し、まとまりやすい髪を作るというマイナスイオンドライヤーを購入して、使ってみました。

 

最初は、分かりませんでしたが、使っているうちに髪のうねりが出にくくなりました。

 

メーカーにもよると思いますが、少々値段が高めでも、いい物を購入されるといいですよ。

 

4. 朝起きたら、髪用の化粧水をひと吹きする。

 

これもあんまり、期待していなかったのですが、日増しに効果が出てきました。

 

朝は髪が乾燥しがちなので、毛先を中心に、ひと吹きしてから、ブラッシングすると静電気が発生しないし、潤っていい感じになりますよ。

 

5. 外出時は、紫外線対策をする。

 

髪も紫外線を浴びているということなので、日傘や帽子を被って、紫外線対策をしました。

 

その結果、夏の終わりにも、髪の傷みが以前に比べて、進んでいませんでした。

 

6. カラーリング、縮毛矯正、パーマなどは極力しない。

 

結局、髪が傷んだ直接の原因は、これらにあったので、自分の元々持っている髪で勝負することにしました。

 

そうしたら、もとの状態に戻るまで、時間はかかりましたが、艶髪に戻れましたよ!

 

以上、結果をまとめると、やはり、自分の髪の自然を生かすのが、切れ毛、枝毛対策に一番重要です。

 

みなさんも髪をいたわってあげてくださいね。

 

そうすると、本来の髪の美しさを楽しめると思います!

 

読者のみなさんの参考になれれば、幸いです。

 

それではまた、次回まで!