髪の毛 手入れ 椿油

椿油を使った髪の毛のお手入れ方法

みなさん、こんにちは!お元気でお過ごしですか?

 

今回は、椿油を使った髪の毛のお手入れ方法について、お伝えしていきたいと思います。

 

カラーリングや縮毛矯正、パーマをかけると、とってもお洒落で素敵ですが、化学薬品を使って、髪質を変えているので、枝毛、切れ毛、髪のパサつきなどにも、悩まされることが多いですよね。

 

現に私も、縮毛矯正とカラーリングの両方をしていた時期があるのですが、髪がどんどん細くなって、お手入れしても、全然ダメな時期がありました。

 

そんな時に、巡り合ったのが、この椿油です。

 

椿油の歴史は古くて、江戸時代には、椿油が使われていたことが、文献に残っているそうです。

 

成分は、オレイン酸が豊富ですので、保湿効果が高く、傷んだキューティクルをコーティングしてくれるので、枝毛、切れ毛、パサつきに効果があります。

 

それでは、どんなお手入れ方法があるか、挙げていきますね。

 

1. シャンプー前に頭皮と髪のマッサージ

 

椿油を少々、手の平にたらして、髪と頭皮に優しく馴染ませていきます。

 

頭皮は、指の腹を使って、丁寧にマッサージしてくださいね。

 

その後は、10分から20分くらい、蒸しタオルで髪を包み、椿油の成分を髪に浸透させます。

 

そして、シャンプーしてください。

 

髪や頭皮に栄養分が吸収されるので、ツヤが出てきます。

 

1週間に1度の割合で続けてくださいね。

2. シャンプー後にも椿油を使用する。

 

シャンプー後に、洗面器に、お湯を入れて、椿油を3、4滴たらします。

 

お湯をよく混ぜてから、手のひらですくって髪全体につけます。

 

特に傷んでいる毛先には、多めにつけてください。

 

髪にまとまりが出て、寝癖もつかなくなります。

 

3. ドライヤー前にも椿油を一滴。

 

ドライヤーの熱は髪を傷める原因になります。

 

椿油を1、2滴、手の平に良く伸ばし、タオルドライした髪の毛先を中心に馴染ませます。

 

その後、ドライヤーで乾かすと、熱から髪のキューティクルを守ることができます。

 

4. お出かけ前にもスプレー。

 

アトマイザーに水と椿油2、3滴をたらして、よく振ってから、スプレーします。

 

それから、ブラッシングすると、髪が良くまとまります。

 

ただし、洋服には付かないように、気をつけてくださいね。

 

それから、アトマイザーが手元になければ、普通の霧吹きでも大丈夫です。

 

いろいろな椿油を使ったお手入れ方法をお伝えしましたが、ご自分に合った方法で試してみてくださいね。

 

きっと潤いと艶のある美しい髪の毛を手に入れることが出来ますよ!

 

それではまた、次回まで!