自宅 髪の毛 手入れ

自宅で出来る髪の毛のお手入れ方法

こんにちは、みなさん、お元気でお過ごしですか?

 

今回は、自宅で出来る髪の毛のお手入れ方法をお伝えします。

 

髪の毛は、美容院に行かないと綺麗になれないと思っていませんか?

 

定期的に通って、メンテナンスや髪型を整えてもらう必要はありますが、それでも、毎日のお手入れで見違えるように、髪に艶を出すことができるんです。

 

今回はその方法をお伝えします。

 

1. シャンプー後の、水気の取り方に一工夫加える。

 

シャンプー後はまず、タオルドライしていると思います。

 

その際に、タオルでこするのではなく、ポンポンと上から抑えるような形で水気を取ってください。

 

そうすることで、髪のキューティクルが開いている状態でも、髪の傷みを進行させないで済みます。

 

そして、その後、キッチンペーパーでさらに水気を取ります。

 

こうすると、ドライヤーで乾かす時間を短縮できるので、髪を傷めなくて済むのです。

2. 洗い流さないトリートメントをつける。

 

水気がかなり取れたら、洗い流さないトリートメントを毛先を中心に髪全体に馴染ませます。

 

これもドライヤーの熱から、髪を守るために大事です。

 

3. ドライヤーの使い方に注意する。

 

髪を乾かす時に、完全に乾くまで、ドライヤーを使う方がいらっしゃいますが、7、8割乾いたら、それ以上、ドライヤーを使う必要はありません。

 

それから、なるべく、一か所を集中してかけるのではなく、まんべんなく、いろいろなところにドライヤーをかけるようにしてください。

 

また、20センチくらい、髪の毛から離して当てるのが、理想的です。

 

ドライヤーも低温ドライヤーやマイナスイオンドライヤーの風量が強いタイプを利用することで、髪にダメージを与えることなく、乾かすように工夫しましょう。

 

ほんのちょとした知恵で、美容室帰りのように、つやつやの髪を手に入れることができますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

それではまた、次回まで!