髪の毛 手入れ ブラッシング

髪の毛のお手入れで大事なブラッシング方法

みなさん、こんにちは!お元気でお過ごしですか?

 

今回は、髪の毛のお手入れで大事なブラッシングについて、お話したいと思います。

 

みなさんは一日の内で、いつブラッシングされますか?

 

朝起きて、学校やお仕事に行く前に、それから、洗髪前と洗髪後、就寝前に、と答えられる方が大部分を占めると思います。

 

外にいても、出来ないことはないけど、人目もあるし、髪の毛を整える程度になりますよね。

 

ブラッシングは、特に意識しないで、なさっている方も多いと思いますが、ちゃんとした目的があるんです。

 

それは

 

髪についたゴミやほこりを落とす。

 

頭皮をマッサージして、血行をよくする。

 

皮脂を髪全体に行き渡らせて、艶を出す。等いろいろあります。

 

実は髪と頭皮の健康のために、重要な役割を果たしているんです。

 

特に、洗髪前のブラッシングは、頭皮の皮脂の汚れと髪のゴミ、ホコリを浮かせますので、シャンプーで汚れを落とすために大事です。

それと毎日の習慣にブラッシングを取り入れると、頭皮の血行がよくなるので、抜け毛、薄毛の予防にもなります。

 

前置きが長くなってしまいましたが、正しいブラッシング方法はこちらです。

 

1. 髪全体にヘアミストをスプレーする。

 

髪にヘアミストをスプレーすると髪の表面がコーティングされるので、ダメージが少なくなります。

 

霧吹きで水をスプレーしてもいいし、洗い流さないトリートメントを髪につけるのでも大丈夫です。

 

2. 毛先からブラッシング。

 

髪の根元から始める方が多いですが、髪がほつれて、それを解くのに、余分な力がかかってしまい、摩擦が生じて、髪を傷めますので、ご注意ください。

 

3. 頭頂部から下にブラッシングする。

 

頭頂部から頭の形に沿って、下に向かってブラッシングしてください。

 

4. 髪の生え際から、つむじに向けて、髪全体をブラッシング。

 

髪の流れに逆らって、やるような感じでブラッシングします。

 

5. 最後は髪を整える。

 

最後は、また、頭頂部から下に向けて、軽く髪をとかします。

 

これで、出来上がりです。

 

ただし、注意して頂きたいことがあります。

 

濡れた髪でのブラッシングは絶対にしないでください。

 

キューティクルが開いた状態でブラッシングすることになるので、はがれてしまいます。

 

そうすると、髪が傷んで、枝毛、切れ毛の原因となります。

 

日本女性は、髪が美しいことで、世界的に有名です。

 

ぜひとも、持って生まれた美しさを最大限に生かして、素敵な毎日を送って頂きたいと思います。

 

それではまた、次回まで!