髪 モデル 手入れ

モデルのような髪になるためのお手入れ方法

みなさん、こんにちは!お元気でお過ごしですか?

 

今回は、モデルのような美しい髪になるためには、どんなお手入れをしたらいいの?という方に、秘訣をお伝えします。

 

テレビや雑誌の広告で出てくるモデルさんたちは、ツヤがある綺麗な髪をしていますよね。

 

誰でも、あんな髪になれたらいいのにって思うことでしょう。

 

でも、ちょっとした髪への気遣いで、美しい髪は手に入れることが出来るのです。

 

1. シャンプー前にブラッシングする。

 

シャンプー前には必ずブラッシングしましょう。

 

頭皮の皮脂や髪についたホコリ、ゴミを浮き上がらせるので、シャンプーするときの洗浄力が高まります。

 

2. シャンプーする前に、お湯で汚れを洗い流す。

 

シャンプーする前に、お湯で頭皮と髪の汚れを落とす必要があります。

 

これをしっかりとするだけで、実は6、7割りの汚れは落とせてしまいます。

 

乾燥が気になる方だったら、1回のシャンプーでも十分髪は綺麗に洗い流せるので、ぜひ実践してみてください。

3. 指の腹を使ってシャンプーする。

 

シャンプーするときは、指の腹を使って、洗います。

 

その時に大事なのは、シャンプー剤を直接髪につけるのではなく、泡立ててから、髪につけるようにしましょう。

 

また、指の腹でマッサージするように、洗うことが大事です。

 

頭皮の血行がよくなり、髪の状態がよくなります。

 

シャンプー剤は残さないように、しっかりとすすぎましょう。

 

4. トリートメントと蒸しタオル。

 

シャンプー後は、髪の水気をよく切るためにタオルドライしてから、トリートメントをつけましょう。

 

そして、髪全体を蒸しタオルで包んで、10分〜15分、髪に成分を浸透させます。

 

洗い流す時は、頭皮にはトリートメントの成分が残らないように気を付けて洗い流しましょう。

 

5. 髪はドライヤーで乾かしてから寝る。

 

濡れた髪はキューティクルが開いている状態ですので、このまま寝ると、摩擦が生じて、髪がますます傷んでしまいます。

 

髪はドライヤーで乾かしてから、寝るようにしましょう。

 

また、ドライヤーは、できたら、低温トリートメントドライヤーを使うと、髪を傷めずに、乾かすことができます。

 

そうでない場合は、髪から約20センチ離して、髪の根元から毛先の順に乾かしましょう。

 

髪が8割乾けば十分ですので、最後は冷風をかけると、キューティクルが引き締まります。

 

いろいろ書きましたが、モデル髪になるべく、実践してみてくださいね。

 

素敵な髪に思わず、振り返ってあなたを見ようとする人も続出するかも!

 

それではまた、次回まで!