髪 手入れ くし

くしを使って出来る髪のお手入れ方法

こんにちは、みなさん、お元気でお過ごしですか?

 

今回は、くしを使って出来る髪のお手入れ方法について、お話したいと思います。

 

私は、くせ毛で、いつも髪の乾燥やそれによる、うねりに悩まされてきたので、いろんなことを試してきました。

 

ブラッシングの重要性は他の記事でも書いていますが、日本に昔から伝わる「つげ櫛」をご紹介したいと思います。

 

つげ櫛は、時代を経て女性に支持されてきました。

 

材料が、つげ(柘植・黄楊)の木で作られているため、髪をとかしても、静電気が生じません。

 

また椿油を染み込ませて使うことで、くしについた椿油が髪に浸透して、潤いをあたえるので、艶がある美しい髪になれます。

 

実際、使ってみた実感は、毛先が丈夫になって枝毛が少なくなったこと。

 

それから、購入先で、面白い使い方を教えてもらいました。

普通は、髪は頭のてっぺんから毛先に向けて、とかすものだと思っていたのですが、逆方向に毛先から上部に向かって何パートかに分けて、丁寧に解きほぐすと髪にいいそうです。

 

引っかかったら、指で優しくほどいて、また、さっきの方法を繰り返します。

 

そして、最後は全体を梳かします。

 

そうすることで、枝毛も生じなくなると言われました。

 

天然パーマやくせ毛にも効果があると言われたのですが、本当にその通りでした。

 

やはり、昔から愛されてきた物には、理由があるのですね。

 

ぜひ、椿油とつげ櫛、セットで使ってみてください。

 

昔の女性のように、艶やかな黒髪の素敵な女性になれること、請け合いです!

 

読者の皆さんの参考になれれば、幸いです。

 

それではまた、次回まで!